ホーム > 整形外科

整形外科

スタッフ紹介

名前 楠瀬 浩一(くすのせ こういち)
職名 副院長 整形外科部長
学歴等 昭和51年順天堂大学卒業
昭和57年同大学院卒業
医学博士
認定医等 日本整形外科学会認定スポーツ医
日本整形外科学会リウマチ認定医
日本リウマチ財団登録医
専門医 日本整形外科学会認定専門医
日本手外科学会認定専門医
日本リウマチ学会認定専門医
その他 日本整形外科学会代議員
日本手外科学会代議員 東日本手外科研究会運営委員
日本職業災害学会評議員
専門分野 手外科・肘関節の外科、手の先天異常、肩関節の外科など上肢の外科を特に専門分野とする。
リウマチ関節外科
名前 山中 誠(やまなか まこと)
職名 第2整形外科部長
学歴等 平成2年群馬大学卒業
医学博士
認定医等 日本整形外科学会認定スポーツ医
専門医 日本整形外科学会認定専門医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
専門分野 骨粗鬆症、股関節、手の外科、人工関節
名前 石橋 勝彦(いしばし かつひこ)
職名 整形外科医師
学歴等 平成17年産業医科大学卒業
認定医等 日本医師会認定産業医
日本整形外科学会リウマチ認定医
日本整形外科学会運動器リハビリテーション認定医
日本整形外科学会脊椎脊髄病認定医
専門医 日本整形外科学会認定専門医
名前 菅原 悠(すがわら ゆう)
職名 整形外科医師
学歴等 平成17年聖マリアンナ医科大学卒
専門医 日本整形外科学会認定専門医
名前 松尾 亮平(まつお りょうへい)
職名 整形外科医師
学歴等 平成19年群馬大学卒業
専門医 日本整形外科学会認定専門医
名前 浅沼 雄太(あさぬま ゆうた)
職名 整形外科医師
学歴等 平成21年産業医科大学卒業
専門医等 日本整形外科学会認定専門医
日本医師会認定産業医
名前 林 孝儒(はやし こうじゅ)
職名 整形外科医師
学歴等 平成21年金沢医科大学卒
専門医 日本整形外科学会認定専門医
名前 羽田 晋之介(はだ しんのすけ)
職名 整形外科医師
学歴等 平成21年東邦大学医学部卒
平成27年順天堂大学院卒
医学博士
認定医等 日本医師会認定健康スポーツ医
日本体育協会認定スポーツドクター
専門医 日本整形外科学会認定専門医
名前 井下田 有芳(いげた ゆか)
職名 整形外科医師
学歴等 平成22年順天堂大学卒
名前 土屋 明大(つちや あきひろ)
職名 整形外科医師
学歴等 平成22年産業医科大学卒業
名前 長谷川 圭紀(はせがわ よしのり)
職名 整形外科医師
学歴等 平成25年琉球大学医学部卒
名前 宮崎 弘(みやざき ひろし)(非常勤)
職名 整形外科医師 前東京労災病院整形外科部長
宮崎整形外科クリニック 院長
学歴等 昭和59年順天堂大学卒業
専門医 日本整形外科学会認定専門医
専門分野 手の外科、マイクロサージェリー、外傷

特色

手外科外来・肘外科外来は「手外科センターについて」をご覧ください。

スポーツ・膝関節外来

診療時間・・・毎週火曜日午後13時30分~15時

当外来ではスポーツ活動や事故などで生じた靭帯損傷や半月板・軟骨損傷や経年的な軟骨の摩耗に伴う変形性膝関節症などの疾患を中心に対応しています。その他スポーツ活動でおこった損傷を診断・治療します。

低侵襲の手術

手術は低侵襲で行うことが基本です。
関節鏡視下手術や小切開手術に積極的に取り組んでいます。
これにより、従来、入院が必要であった手術の中にも通院だけですむものが多くあります。

一般外傷

当院は、外傷の多い病院です。
労災事故による外傷、交通外傷を初めとする一般外傷に早急に対応していますし、近年、問題となっている高齢者の骨折も手術・術後のリハビリテーションを通し、治療が可能です。

疾患

股関節・膝関節障害も多くの治療経験があります。
痛みには、まず理学療法や温熱療法を行いますが、無効例には手術も行っています。
スポーツ膝外傷には、関節鏡視下手術もポピュラーな方法です。
変形性関節症に対しては人工関節置換術も多く行っていますが、充実したスタッフによる術後のリハビリテーションに特徴があります。

脊柱・脊髄疾患

頚椎や腰椎の疾患(頚椎症性脊髄症、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症など)には除痛・麻痺改善例が多くあります。
手術は、頚椎脊柱管拡大術、腰椎開窓術などが一般的です。

手や肘の外傷・疾患

手の先天異常や腕神経叢損傷など幅広い治療が可能です。

関節リウマチ外科

薬剤や理学療法無効例には手術療法も必要になります。
関節リウマチでは、手・肘の滑膜切除術、手の腱手術、人工股関節置換術、人工膝関節置換術などの手術法があります。

高性能機器・特殊機器等

高速CT、MRI、DEXAによる骨密度測定、多チャンネル筋電計、多目的筋機能測定器などを備え、診断・治療に役立てています。
同位元素を用いた検査(シンチグラム)も可能です。

手術件数

平成27年術式別件数

術式件数
1.骨・関節外傷 1)上肢 鎖骨骨折 22
上腕骨骨折 34
肘関節骨折 13
前腕骨折 8
手関節骨折 61
手部骨折(手指骨折・舟状骨骨折等) 71
その他 0
2)骨盤・下肢 大腿骨頸部骨折(転子下骨折を含む。人工骨頭置換術は別項に記載) 95
大腿骨骨幹部骨折 6
大腿骨顆部・脛骨顆部骨折 16
膝蓋骨骨折 14
下腿骨骨折 18
足関節骨折 25
足部骨折 11
骨盤骨折 0
その他 0
3)脊椎 頸椎骨折 2
胸腰椎骨折 2
2.軟部組織に対する手術 開放創のデブリードマン 17
バネ指 42
手の腱手術 16
アキレス腱縫合術(陳旧性を含む) 8
皮膚移植術 13
その他 6
3.切断術 手指、足趾 2
下腿 4
その他 2
4.血管・神経 血管吻合・移植術 1
神経剥離・縫合・移植術 68
再接着術 0
その他 0
5.関節外科 1)人工関節 人工骨頭置換術 51
人工股関節置換術 39
人工股関節再置換術 5
人工膝関節置換術 28
その他 2
2)骨切り術 骨盤骨切り術 0
大腿骨骨切り術 0
高位脛骨骨切り術 0
その他 5
3)靭帯手術・その他 肩腱板損傷 5
反復性肩関節脱臼 6
足関節靭帯損傷 1
膝靭帯再建・縫合術 1
半月板手術 7
滑膜切除術 8
離断性骨軟骨炎に対する手術 1
その他 10
6.脊椎外科 頸椎前方除圧固定術 0
頸椎後方除圧固定術 0
頸椎椎弓切除・形成術 7
胸・腰椎後側法固定術 0
胸・腰椎椎弓切除術 9
胸・腰椎後側方固定術 4
腰椎ヘルニア手術 3
脊髄腫瘍摘出術 2
転移性脊椎腫瘍に対する手術 1
側弯症 0
その他 0
7.四肢・体幹の腫瘍手術 良性腫瘍切除術 32
悪性腫瘍切除術 0
生検術 1
8.先天性疾患 手・足奇形(内反足手術を含む) 0
斜頸 0
その他 0
9.感染性疾患 骨髄炎 1
化膿性関節炎 1
骨・関節結核 0
その他 0
10.その他の手術 抜釘術 116
その他 39
合計 962

(その内、日帰り手術 146)