ホーム > 地域包括ケア病棟のご案内

地域包括ケア病棟のご案内

当院では、平成28年10月1日より「地域包括ケア病棟」を開設いたしました。

地域包括ケア病棟とは?

病状が安定した患者さんで、すぐにご自宅や介護施設に退院するには不安がある方が安心して退院できるように、治療や支援を行うことを目的とした病棟です。
「地域包括ケア病棟」では、医師や看護師、リハビリスタッフが患者さん・ご家族と協力し、患者さんのご自宅や介護施設への復帰に向けた治療や支援を行うほか、看護師とソーシャルワーカーが患者さんの退院支援、退院後のケアについてサポートいたします。

対象となる方は?

病院のイメージ画像

  • 入院治療により病状は改善したが、当院にてもう少し経過観察が必要と医師が判断した方
  • 入院治療(手術等)により病状が安定してリハビリテーションを実施しているが、もう少し継続したリハビリテーションが必要と医師が判断した方
  • 日常生活に不安を感じ、様子をみながらご自宅へ帰る準備を進めたい方

※病室が変わる際には、患者さんの状態により判断し、主治医・看護師からご案内します。地域包括ケア病棟に移る場合、病棟が変更となり、また差額ベッド代が生じる場合がありますので予めご了承ください。

入院から退院までの流れ

※地域包括ケア病棟は、移ってから最長で60日以内での退院が原則となります。

入院費については?

入院費は1日当たり定額で、検査料・画像診断料・投薬料・注射料・リハビリテーション・簡単な処置料・入院基本料などの費用が含まれます(手術料や差額ベッド代などの保険診療対象外の費用は含まれません)。

その他、ご不明な点がございましたら、お気軽にお申し出ください。