ホーム > 入退院支援センター

入退院支援センター

入退院支援センターのご案内

在宅と病院の架け橋

入退院支援センターでは、PFM(Patient Flow Management)看護師が、患者さんが安心して入院できるように一人ひとりの状況を身体的、社会的、精神的背景から把握し、状況に応じた退院支援・退院調整を行っています。

入退院支援センターのイラスト

入退院支援センターの業務

入退院支援センターの業務その1毎日8時15分からPFM看護師とMSW(医療サポートセンターの医療ソーシャルワーカー)でカンファレンスを行っています。
内容は、退院支援依頼書の確認と業務分担、患者さんの情報共有です。

入退院支援センターの業務その2入院予約をされた方と面談し、入院までの経過、日常生活の様子、内服薬や中止薬等を確認します。また、入退院に関する不安や相談にも応じています。

入退院支援センターの業務その3院内の他職種や院外の訪問医・訪問看護師・ケアマネジャー等と連携し、在宅療養支援の必要な患者さんのカンファレンスを行っています。
退院後一か月以内に患者さんのお宅に伺い、『退院後訪問』を行っています。